スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図説ロシアの歴史

世界史はなじみが無いので理解しにくいですが、図説シリーズは、地図や絵画、写真で歴史をわかりやすく説明してくれるので、世界史に興味を持つようになりました。

今回紹介するのは、ロシアの歴史です。

興味深いのは、怪僧ラスプーチンの写真が出ていたことです。いかにも怪しげでした。




スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

フレデリック フォーサイスの作品

1938年イギリス生まれで、空軍で2年間すごしたあと、ロイターやBBCなどジャーナリズムの世界を経て、1970年、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領暗殺未遂事件を書いた処女作『ジャッカルの日』を世に送り出しました。

ジャッカルの日

『ジャッカルの日』の印税により、ナイジェリアでの独立戦争に敗れ祖国を失ったビアフラ人のために傭兵部隊を雇い、赤道ギニア共和国に対しクーデターによる政権転覆を1972年に図った経験を『戦争の犬たち』という作品にしました。

戦争の犬たち

また、記者時代に書いたノンフィクションの『ビアフラ物語』は、アフリカ・ナイジェリアで、民族対立および石油利権を巡る争いが基で内戦が勃発(ビアフラ戦争)。BBC特派員であったフォーサイスは、10日には現地入りし、戦闘のさなか「道端に駐車した小型のバンの中で書き綴った」といわれます。

『オデッサファイル』は、西ドイツ司法省宛に1964年2月末、匿名の人物によって郵送で引き渡された、「オデッサ」の支援を受け海外逃亡した元親衛隊(SS)隊員達の、顔写真や詳細な所在などを記録したファイルの通称にちなむ物語で、フォーサーイスの初期の代表作です。

『シェパード』と『シェパード』は短編集です。長編中心できていたのが、短編もできることを世に示しました。

『悪魔の選択』は、大規模な環境汚染を引起す恐れがありながら、リスク管理が不十分な巨大タンカーのシージャックを扱った作品で、近年問題となっているタンカーや海底油田の原油流出や、インド洋や東南アジアの海賊などに先駆け、フォーサイスの先見性が光る作品のひとつです。

『第4の核』は、核拡散禁止条約の第4項にある核兵器を扱ったもので、持ち運びのできる核兵器で、ソ連がイギリスに革命を起そうというものです。東西両陣営がしのぎを削っていたころの話で、今なら、アルカイダが主人公になるところです。

『ネゴシエーター』は、誘拐犯や立てこもり犯との交渉役のことで、本作品は大統領の息子の誘拐事件を扱ったものです。ネゴシエータは今でこそ、踊る大捜査線でも真下が、アメリカで研修の後、ネゴシエータとしての交渉術を取得してという設定が映画にありますが、早くからこの職種にフォーサイスは注目しました。

ロシアの危機を描いた『イコン』(1996年)は、現在のロシア情勢と照らし合わせてもリンクするところが多く、再評価されている。フォーサイスは同作で、一旦執筆活動の終結を宣言しました。

しかし、8年後に『アヴェンジャー』を発表した。アヴェンジャーとは、「復讐者、仇を討つ人」という意味があるが、本作品では、高飛びした犯人を拘束し依頼者に引き渡す元ベトナム戦争特殊部隊出身で、現在弁護士をしているコードネーム、アヴェンジャーの物語である。アベンジャーへの依頼は、ボランティアとして現地で働いていたアメリカ人の学生をなぶり殺しにした後、南米の某国に高飛びしたユーゴ・マフィアでセルビア人の男・ジリチを捕らえることだった。

例によって綿密な取材力と分かりやすく読みやすい抜群のストーリーテリングで、フォーサイスは半世紀にわたる国際紛争の実態(これは私にとって大変勉強になった)と、アヴェンジャーによるCIAのテロ対策本部を相手取ったジリチ確保の闘いをドキュメンタリー・タッチで描ききっている。

ソ連崩壊後、東西両陣営のスパイ対決という設定から離れて、新たな小説の舞台として、地域紛争やテロなどに小説の材料を見出したフォーサイスは、イスラム世界や、テロ活動を舞台にした、兄はイスラム系東洋人と区別がつかない軍人で、弟は、イスラム学者という兄弟を主人公とする『神の拳』と『アフガンの男』を書いている。





































テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ジャッカルの日

私の好きなフレデリックフォーサイスの作品です。

実際に何度か暗殺未遂があったドゴール大統領の暗殺事件がテーマです。

ドゴール大統領は植民地アルジェリアの独立を巡る混乱から、大統領に選出され、大統領権限を強化し第5共和制をしきます。そして、強いフランス再興を願う軍人たちの意に反して、アルジェリアの自治を認める形で紛争を終結させ、現時入植者と軍人たちは大混乱のままフランスに引き上げた。軍人たちは第二次大戦中に反ナチ活動のテロ組織として立ち上げたOASを通じて、ドゴール政府に対するテロ活動や大統領暗殺計画を実施するが、フランス諜報局はことごとく阻止し、OASの優秀な軍人たちは次々ととらえられ銃殺刑に処せられた。

OASは組織が壊滅的なダメージを受け、反政府活動の継続が困難になったため、外部の暗者をやとうことを決定する。やがて最適の人物として選ばれた、本名も年齢も不詳だが若々しく、狙撃が超一流の長身のイギリス人男性が暗殺を請け負う。彼は「ジャッカル」のコードネームで呼ばれることを望み、プロとして法外な報酬を要求した。OASが組織を挙げてフランス各地で銀行などを襲い資金を集める間、ジャッカルは図書館でドゴールの資料を徹底的に調査し、一年のうちに一度だけ、ドゴールが絶対に群衆の前に姿を見せる日があることを発見してそれを決行日と決めた。ジャッカルはパリのいくつかの候補地から決行地点を選び、全ヨーロッパを移動しながら必要な特注の狙撃銃、偽造の身分、パスポート、衣装、入出国経路などを抜かりなく用意する。

一方、フランス諜報局は、OASの銀行連続襲撃や、ローマに移動し潜伏し動きを全く見せないOAS幹部たちに不審な気配を感じ、実行部隊を使いローマからOAS幹部のボディガードを拉致し拷問、意味不明のあえぎ声の中からOASが外部の暗殺者を雇ったこと、それが「ジャッカル」と呼ばれていることを知る。ドゴールの死は第五共和政とフランスの崩壊を意味する。

国家の各治安組織の官僚のトップたちが対策会議を開き、捜査は実績の高いルベル警視という老刑事に一任された。

ルベル警視対ジャッカルの戦いがついに始まった。

手に汗握る展開で、読み出したら最後まで止まらない作品です。

映画にもなりました。




テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

戦争の犬たち

私の好きなF・フォーサイスの小説です。

作者のフォーサイスは、『ジャッカルの日』の印税により、ナイジェリアでの独立戦争に敗れ祖国を失ったビアフラ人のために傭兵部隊を雇い、赤道ギニア共和国に対しクーデターによる政権転覆を1972年に図ったとの噂があります。

しかし、計画は船への武器積み込み予定地であるスペインで、事前に買収していたスペイン国防省の役人の裏切りにより傭兵隊長がスペインで身柄を拘束され計画は頓挫しました。この実話を下地にして、執筆されたのが第3作目にあたる『戦争の犬たち』です。

後年、アカデミー賞俳優のクリストファー・ウォーケン主演で映画化されました。




テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

エアガン カタログ

エアガンはやってみると結構面白く、狙ったところに弾が飛んでいきますし、ダンボール箱も打ち抜くことができ、電動フルオートにするとダンボールも穴だらけになってしまい、日ごろのストレスも発散できます。

電動ガンカタログはビジュアルで、本物そっくりの銃が何百丁も掲載されており、価格や、威力(エアガンの初速)や集弾性などの評価もあり、値段や性能など購入の参考になります。エアガンショップの広告も多数掲載されておりインターネットでの入手もできます。

H&K社 SGシリーズ

戦後生まれの軍用ライフルとして最も早く、ストックやハンドガードに軽量で腐食に強い強化プラスチックを採用。米国の意向でNATO標準に採用された7.62mmX51弾の高圧力の為、一定数の発射ごとに工場で部品の変形を矯正する必要があるものの、生産性と命中精度が高く、簡単な訓練で扱える事から欧州、東南アジア、中近東、アフリカなど世界中に輸出やライセンス供与がなされました。5.56mmX45弾使用のHK33、9mmX19パラベラム拳銃弾使用のMP5など共通デザインのバリエーションが存在し、機種ごとに兵士を訓練する必要が無い事も大きなメリットで、旧ソ連のAK47や米国のM16と並ぶ存在となっています。
G3SG1.jpg


H&K社 MP5シリーズ

MP5シリーズは、当時多くのSMGで採用されていたオープンボルト方式ではなくボルトを閉鎖した状態で発砲するクローズドボルト方式を採用し、同社製G3の射撃システムを流用して十八番であるローラーロッキングシステムを取り入れました。このため銃自体の振動が少なくフルオート時の銃口コントロールは容易、単発なら対人狙撃も可能とそれまでのサブマシンガンとは一線を画す命中精度でした。

近距離における高性能と、それ故の整備の煩雑さとSMGとしては高価な事から、H&K社は主に都市部における治安維持用に、欧米各国、南米、中近東、アフリカ諸国にMP5の輸出やライセンス供与を行いました。

1977年・パレスチナゲリラによるハイジャック制圧(独国境警備隊GSG-9)、80年の在英イラン大使館占拠事件(英陸軍SAS)等の人質救出劇で特殊部隊の主要装備として世界の注目を浴び、米国各地の警察SWATの代名詞となり、日本警察の特殊部隊SAT及び銃器対策部隊も「機関けん銃」の名目で数百挺を導入したとされています。
MP5.jpg


コルト社 M16シリーズ

アメリカ人技術者ユージン・ストーナーの設計により、航空機メーカーのフェアチャィルド社アーマライト事業部が開発した小口径ライフルAR15は、1960年にM16の名で米空軍に採用され、陸軍もM14に代わる米軍主力小銃としてベトナム戦争に試験投入しました。当時非常に斬新なアルミ合金とプラスチックによる構成は軽量で扱いやすく、M14の7.62mmより数多く携行でき反動も小さい5.56mm弾は、見通しの利かないジャングルでの戦闘には有利でしたが、供給された火薬の不適合や整備不足によるトラブルに悩まされ、陸軍は67年に改良型のM16A1が完成してようやく制式採用を決定します。その後5.56mm弾はNATO標準となり、M16A1も多くの国で採用されました。現在はM16A2と短縮型のM4カービンが米軍制式となり、名実共に世界標準のライフルとなっています。
M16.jpg



FN社 P90

P90は、ベルギーのFN社が開発したサブマシンガン。人間工学に基づく、従来にない斬新なデザインをしていることが特徴です。

一般的なサブマシンガンのように既存の拳銃弾を共用せず、小型化されたライフル弾のような形状の専用の銃弾を使用する新しい形態の銃器であるため、当初は「PDW(Personal Defence Weapon:個人防衛兵器)」というカテゴリーで発表されました。FN社の運用思想としては、装甲車両部隊や後方部隊などの、制圧任務には従事せず、威力はあるものの長くて重い自動小銃等の携帯を必ずとも必要としない隊員が、敵部隊による後方浸透時の破壊活動などに対応する為に携行する軽便で強力な火器として提案され、1980年代末に開発された。しかし冷戦が終結すると自衛火器の需要は減少し、反面対テロ戦争が増加してCQBに適した銃の需要が高まったため、近年ではサブマシンガンの一種として分類されている。
P90.jpg












テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

失敗の法則-日本軍の組織論的研究

ミッドウエーや、ノモンハン、ミッドウエー作戦など主要な戦いをとりあげ、旧日本軍がなぜ大戦に敗れたのか、ということを戦術レベルではなく旧日本軍の「組織」としての戦略策定という観点からかなり詳しく分析されています。
いくつかのターニングポイントとなった重要な作成での失敗例と、それに対する大本営の戦略策定と戦地での戦術の乖離などがいくつも取り上げながら分析されているので、すんなりと理解することができます。

さらには後半では旧日本軍と米軍での戦略策定の違いについても触れられています。
この辺については、現在の組織論や経営論にも通じるところがあるので非常に面白いです。
例えば、戦闘機や戦艦の製造について

●日本軍は一点豪華主義で多種多様な様式が存在したため量産化に失敗していた
●対して米軍は設計の汎用化に成功しており、同じモデルの戦闘機や戦艦を低コストで大量生産していた

この辺の米軍の戦略は現在の工業品生産にも通じるところがあると思われるのですが、このような現在でも通じると思われる考察や分析が随所に出てくるので最後まで飽きずに読むことができました。

それと同時に60年以上過ぎた今でも政府を含め様々なところで、この本に書かれている旧日本軍が犯した失敗を繰り返している様子が見られる(例えば会議で正論を言う人よりも声の大きい人の意見が遠ってしまうとか)ので、現状の自分の周りで起きていることと対比しながら読み進めると、根本的なところでは日本はまだ戦争を引きずっているということにも気付くかもしれません。

単なる組織論としても興味深いですが、それ以上にいろいろなことに気付かされる1冊です。


テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

物価の文化史事典

米価から総理大臣の給与まで、近代日本百年余の物価の推移がひと目でわかる本を紹介します。

監修はテレビに良く出ている経済学者の森永 卓郎です。


テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

秘密兵器

ジェット機、ロケット、超大型砲、巨大爆撃機、対空ミサイル、殺人光線、風船爆弾など第二次大戦の秘密兵器を中心に、写真やイラストやスペックなどで読んで楽しい、見て納得の秘密兵器の本をご紹介します。

運がよければ、古本屋で200円くらいで手に入りますが、500円か750円くらいなので新品を購入するのも良いと思います。








テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

グリーン・ゾーン

 グリーン・ゾーンとは、イラク戦争後、アメリカ軍がバクダット市内のサダムフセインが住んでいた共和国宮殿を含む11平方キロの米軍管理区域の通称です。
 

マット・デイモン主演の『グリーン・ゾーン』という映画を見て面白かったので、本も読んで見ました。
しかし、映画と本は内容が全く異なったものでした。 


アマゾンの本の紹介では、以下のようです。

米国のイラク統治の現場で何が起こっていたのか。
その内実を暴いた驚愕のインサイド・レポート。
優れたノンフィクションに贈られるサミュエル・ジョンソン賞(2007年)受賞。
マット・デイモン主演『グリーン・ゾーン』原作 

ブッシュは、イラク戦争勝利宣言後、日本占領をモデルに中東に理想の民主主義国家をたちあげるべく、GHQのような連合軍暫定占領当局(CPA)をグリーンゾーンにたちあげます。グリーンゾーンでは、ハリバートン社がアメリカと変わらぬ生活を送れるように施設を設営します。ハリバートン社はイラク戦争後の種々の復興工事を請け負いましたが、ブッシュ政権の重役であるチェーニーが重役を務める会社でもあります。このようにブッシュ政権が送り込んだメンバーは、ブッシュや共和党にコネがある人物か、これからコネを持ちたい人物が中心で、イラクについてほとんど情報を持たないものが大半であり、アメリカの民主主義が最高であるという独善的な考えをもつものがほとんどでした。
このような中で、本国とイラン占領政府との温度差と、混乱が、戦争後はフセインを追放して自由なイラクを建設いていこうと考えてきたイラク国民も、現地を知ろうともしない占領政府が独善的なやり方を押し付けたために、イラク国民の民族的、宗教的な対立を深め、ついにはテロと内戦が横行する社会になり、混乱を収拾できないままアメリカ軍を残して連合軍暫定当局はイラク人政府に業務を引き渡してイラクを去ったのでした。

映画のほうは、マット・デイモン演じるロイ・ミラー上級准尉は、イラク政府が隠蔽した大量破壊兵器を発見する任務を通じて、米軍駐留地域〈グリーン・ゾーン〉の外は無政府状態に陥っており、敵兵の攻撃も絶えない。そんな危うい混乱が描かれ、しかし、大量破壊兵器はどうしても見つからない。
そのような中、大量破壊兵器隠蔽場所の情報源に関して疑問を持ち、イラク通のCIA諜報員や、美人ジャーナリストやイラク人とのかかわりの中で、大量破壊兵器の秘密に迫っていくのであった。




テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

戦争好きブッシュとアメリカ

91年共同通信社刊「湾岸戦争」で「仕掛けられた戦争」疑惑を果敢に掲示した『フィガロ』誌屈指のジャーナリストが、ブッシュ大統領がかくも「戦争」に執着しなければならない理由を綿密な取材で描き切っています。

ブッシュ家初代のドイツナチへの投資による財産形成と政治家への転身、パパブッシュの第二次大戦、石油ビジネスのエリートぶりとウォーターゲート事件後のCIA長官のいすをもぎとり、チェーニー等、ジョージW政府を支えるネオコンの育成、そして、ジョージブッシュ一家の影の部分といわれる、ビンラヂン家やサウジ王族との係わり合いについて詳しく述べています。




テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。