スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの歴史の本

イギリスの歴史をビジュアルに理解できる本を紹介します。

日本人にとって、イギリスは最も親しみのわく国かも知れない。ハリー・ポッターを生み出したかと思えば、W杯でのフリーガン上陸も…? イギリス数千年の歴史から最新情報までを網羅した本格的ビジュアル通史です。




スポンサーサイト

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

図解 世界「闇の支配者」

この本の著者は、世界長者番付でも有名なアメリカの経済誌「フォーブス」の元アジア太平洋支局長で、日本の闇の金権政治から、アメリカのユダヤ資本など、世界の闇を暴き続け著書も多数あります。

本書は、その著者12年の集大成ともいえるもので世界を水面下で操る「闇の支配者」をわかりやすく図解しています。

イルミナティ最新情勢をはじめ、ロックフェラー家から話題のビルダーバーグ会議まで、秘密結社・組織を紹介します。
またフランス革命からリーマン・ショックまで世界史の重要トピックの裏にあった「闇の支配者」たちの謀略をも解説します。

地震兵器や生物兵器など、「闇の支配者」を知る上で重要なキーワードまで完全図解しており、これを見れば、あなたも世界でいま、何が起こっているか一目瞭然となるでしょう!

序章:これが「闇の支配者」の正体だ
世界を支配するイルミナティと張り巡らされたそのネットワークの全貌!
■イルミナティ■米連銀■イギリス王室など

第1章:世界史の舞台裏で蠢く「闇の支配者」たち
歴史上のあの事件、戦争はすべてあらかじめ仕組まれていた!
■フランス革命■南北戦争■アヘン戦争■ロシア革命■第二次世界大戦■オイルショック■アジア通貨危機■9.11米同時多発テロ■リーマン・ショックなど

第2章:世界を操る「闇の勢力」総覧
人類を支配する闇の勢力・犯罪組織・秘密結社!
■ロックフェラー家■ロスチャイルド家■フリーメイソン■ブッシュ家■300人委員会■ビルダーバーグ会議■スカル&ボーンズなど

第3章:「闇の支配者」にまつわる恐怖のキーワード28
陰謀にまつわる主要トピックを解説!
■地震兵器■生物兵器■エコマフィア■錬金術■悪魔のサイン■神の脳計画■プロジェクト・ブルービームなど



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

知っておきたい「食」の文化史

今、日本で様々な食事を楽しむことができます。

その食の歴史に関して、1942年生。元北海道教育大学教育学部教授の宮崎 正勝先生の著書を以下に紹介します。

知っておきたい「食」の日本史

代のモダン食品だった団子、大仏とソラマメの意外な関係、豆腐料理が大変身したおでん、イスラームの菓子だったがんもどき、下魚として嫌われたマグロ、ハクサイと日清戦争など、思わず「ヘエー」と驚く身近な食材と料理にまつわるウンチクを大公開。『「食」の世界史』の著者が、世界の動きとともに日本の食文化がどのように組み替えられてきたかを語る、雑学的な一口話としても読みごたえのある、歴史と文化の面白日本史の本です。

知っておきたい「酒」の世界史
ウオッカ、テキーラ、日本の焼酎など、世界中のすべての蒸留酒は、9世紀にイスラームで錬金術のために発明された蒸留器「アランビク」からはじまった。メソポタミアからヨーロッパにもたらされた「液体のパン」ビール、ペストの恐怖が育てたウイスキーとブランデー、飲料水代わりだった大航海時代のワイン、冬の寒さが生んだ奇跡の酒シャンパンなど、世界をめぐる多様なお酒の意外な来歴と文化がわかります。


知っておきたい「味」の世界史
宮崎正勝先生の身近な食べものを切り口にした「食」「酒」に続くシリーズ第3弾です。まず人間にとって最も魅力的な砂糖の甘味、大航海時代にはスパイスの辛味やコーヒーなどの嗜好品、近代はうま味が世界史を動かしてきたことを描きます。
食べものの味を左右する、甘味、塩味、酸味、苦味、うま味。この味覚に焦点を絞り、人類の「味」への飽くなき希求がいかに世界史を動かしてきたかを描く。たとえば大航海時代は黄金に匹敵する高値で取引されたコショウなどのスパイス人気が動因だったし、砂糖の甘味の魅力がコーヒー・紅茶などの嗜好品を世界商品に押し上げて、地球規模の大商圏を形づくった。「味」に秘められたグローバルな歴史がわかります。



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

排出権購入とCDM(クリーン開発メカニズム)


京都議定書の6%削減のうち、1.6%分の相当する約1億トンの排出枠を、取得する計画で、ウクライナから3000万トンの排出権を購入し、CDMで2300万トンの排出枠を取得しているとの記事がありましたので紹介します。

排出権の購入とCDM


日本政府は3月18日、京都議定書で義務付けられた温室効果ガス削減目標の達成のため、グリーン投資スキーム(GIS)(注)を活用し、ウクライナ政府から3,000万トンの排出枠を購入する契約を結んだと発表しました。日本が、外国政府から排出枠を購入するのは、今回が初めてとなります。この取引の成立に向けて、JICAが先方政府と運営するウクライナ日本センターも独立行政法人新エネルギー・産業機構(NEDO)と協力し、両国政府の省エネ関係者の橋渡しとなる様々な活動を行ってきました。

日本は京都議定書に基づいて、温室効果ガスを1990年比で6%削減する義務を負っていますが、削減努力だけでは目標達成が困難なため、政府は1.6%分(約1億トン)の排出枠を他国から取得してまかなう予定で、ウクライナを含めた東欧諸国と交渉してきました。途上国で排出削減事業に取り組み、自国の削減分に充てるクリーン開発メカニズム(CDM)で日本はすでに約2,300万トンの排出枠を取得済みで、今回のウクライナからの購入分を合わせると、海外からの調達目標の半分を達成したことになります。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

火山の噴火による二酸化炭素排出量

火山でどれくらいの二酸化炭素が排出されるかという記事がありましたのでご紹介します。

火山雲が400kmと東京-名古屋の距離くらいまで広がり、欧州の大半の空港が閉鎖されたアイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山から排出される二酸化炭素の量は、1日あたり、15から30万トンに達する量です。

しかし、地球規模で見れば、同火山の排出量は、全世界の温室効果ガス排出量の0.3%にも満たないそうです。

いかに、人間の排出する二酸化炭素の量が多いことがわかりますね。

2009年4月20日 アイスランド火山噴火の記事

【4月20日 AFP】アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル(Eyjafjallajokull)氷河の火山が噴火活動で排出する二酸化炭素(CO2)が、一日当たり15万~30万トンにも達することが、科学者らの調べで19日、明らかになった。これは、中小規模の欧州経済国が排出するCO2に相当する量だ。

 同火山のCO2排出量について、英ダーラム大学(University of Durham)の地質学者、コリン・マクファーソン(Colin Macpherson)氏は日量15万トン、パリ地球物理学研究所(Paris Institute for Global Physics、IPGP)のパトリック・アラール(Patrick Allard)氏は最大で同30万トンと計算した。両氏とも、概算での見積もりとしている。

 一方、持続可能な開発と環境の関係を追跡調査している世界資源研究所(World Resources Institute、WRI)によると、エイヤフィヤトラヨークトル火山が排出するCO2は、CO2排出国リストの47位から75位以内に相当する量だという。

 2005年の同リストで47位ということは、オーストリア、ベラルーシ、ポルトガル、アイルランド、フィンランド、ブルガリア、スウェーデン、デンマーク、スイスなどよりも排出量が多いということになる。

 科学者らは、地球規模で見れば、同火山の排出量は、全世界の温室効果ガス排出量の0.3%にも満たないと強調している。

 エイヤフィヤトラヨークトル火山は前月20日の噴火以来、依然として蒸気と火山灰を噴出し続けており、茶色がかった灰色の火山雲は、約400キロにわたって広がっている。(c)AFP

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。