武田先生の最もいただけない話

武田先生の本の問題提起は何かと反対意見を言えない雰囲気にある環境問題に対する姿勢としては立派だと思いますが、著書の中では強引な議論を展開しているような印象を時々受けます。

その中でも、有名な「北極の氷が溶けたら海面が上昇する」という話は、朝日新聞の記事を自分で勝手に書き換えて、それを、自分で否定しているという最もいただけない話がありました。

第三章 地球温暖化騒ぎの元になったそもそもの仮想記事とは

上記113ページにおいて、武田先生は、朝日新聞の1984年の元旦の記事を引用されています。
『・・・極地の氷の融解が加速度的に進むことによって海岸都市の一部が水没する』と、朝日新聞を引用していながら、その5行後に「気温が上がると極地の氷、すなわち、北極や南極の氷が溶けて海水面が上がり・・・」と、故意に、極地を北極と南極にすり替えていました。

その後、123~124ページにかけて「北極の氷が溶けたら海水面が上がる」と、どこのマスコミがいつ報道したかを明確にせずに、学生がそう信じていたとして、アルキメデスの話に展開していました。

 いくら、第三章 「故意の誤報」が起きる原因とは何か(129ページ)において、「故意の誤報」を『契機に地球環境への関心が高まったのだから評価されるべき』という姿勢を非難するために、自分自身も「故意の誤報」をして、『環境問題はウソがまかり通るのか』に対する関心を高めるとは、全くいただけない話だと思います。






スポンサーサイト

図解 新エネルギー 早わかり

副題に1時間で分かる図解シリーズとわるように、今話題の、新エネルギーに関して非常にわかりやすく図解でまとめてあります。

日本だけでなく、世界の観点から、太陽光、太陽熱、風力、地熱と新エネルギーの原理や普及率、世界市場から、将来展望まであり、新エネルギーに関して短時間で一通り理解できます。

参考に、著者の早稲田 聡氏の略歴を示します。

株式会社三菱総合研究所環境・エネルギー研究本部主席研究員。1992年、東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。同年、株式会社三菱総合研究所に入社。新エネルギー・再生可能エネルギー、石炭、天然ガスの政策立案、技術評価、事業コンサルティングを手がける。国内・海外プロジェクトのリーダーを担当。テレビ出演、新聞・雑誌寄稿多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

私は、新エネルギーは技術力ではなく、事業立案力のある著者の関連会社である、三菱商事や三井物産など商社により普及していくように考えています。


テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード