原子力の代替発電について

4月13日発売のコミックモーニング20号で、パナソニックをモデルとした電機メーカをモデルとした漫画、『社長島耕作』で、原子力の代替発電の話がありました。

わかりやすかったのでご紹介します。

100万kWの原子力発電所は3000億円でできる。

100万kWの風力発電は1兆円で、4000基の風車と琵琶湖の1/3の面積が必要。

100万kWの太陽光発電は、6兆円で、家庭用の屋根に設置すると、190万戸分になる。

水力発電は、黒四ダムを含む、黒部川水系、10個全てのダムの出力を合計しても100万kWに満たない。

火力発電所は二酸化炭素の発生量が増える。建設期間が長くかかる。
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

東田研www

情報ソースは漫画ですかあwwww
弘兼憲史てのは東電に飼われているポチです。東田研www

http://www.greenaction-japan.org/internal/100125_robbins.pdf
プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード