スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生可能エネルギーの買取価格

再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」の価格安が、経済産業省の調達価格算定委員会が以下の原案を決めました。
枝野経済産業省が関係閣僚と教義して正式決定する。

消費税込みの買い取り価格は以下の通り

太陽光   42円/kWh
風力    23.1円/kWh
小型風力  57.75円/kWh
地熱    27.3~42円/kWh
中規模水力 25.2円/kWh
小水力   30.45~35.7円/kWh
バイオマス 13.65~40.95円/kWh

経済産業省は、これを受け7千円/月(使用量300kWh/月)の標準家庭で上乗せされる「賦課金」が月100円程度との
見通しを示しています。

火力、原子力など電力会社の既存の発電コストが平均6円に対して、倍から10倍近くとなっている。

再生可能エネルギーの設備の普及には、この制度が役立つであろうが、再生可能エネルギーの普及率が上昇するに従い、負担金が増え、もしも仮に、太陽光発電が100%になったとすれば、単純に考えて現状の電気代が7倍になる計算である。

現状の負担額が100円程度であるということは、いかに再生可能エネルギーの発電容量が少ないことの表れであろう。太陽光発電の負担が100円であるとすれば、差額を25円/kWhとすれば、4kWh分であるということになる。

標準家庭の300kWhであるので、4kWhは、約1%である。
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【再生可能エネルギーの買取価格】

再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」の価格安が、経済産業省の調達価格算定委員会が以下の原案を決めました。枝野経済産業省が関係閣僚と教義して正式決定する。消費税込みの買い取り価格は以下の通り太陽光   42円/kWh風力    23.1円/kWh小型風力  57...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。