地球の炭素循環と、化石燃料、森林破壊について

化石燃料の燃焼により大気中の炭酸ガス濃度が増加しています。

それを地球の炭素循環と化石燃料の使用や森林破壊の面から考えます。

まず、地球の炭素循環はWikiから図のようになっています。

バイオマスの密度、生産速度

これをもとに、大気中に残存する炭素量から炭酸ガスの増加を算出すると以下の表のようになります。

CO2増加量


上記の表の中で、土壌微生物分解や焼畑で化石燃料の放出と同等以上の放出があります。

これは、あまり話題になっていません。しかし、実際に計算してみるとかなりの量が大気中に放出されることになります。

例えば、ブラジルの熱帯雨林の破壊は、森林破壊がピークだった1994~1995年の1/4程度まで規制強化で減少してきたようですが、それでも、年間6000平方キロ強の熱帯雨林が毎年減少しています。

バイオマスの密度、生産速度

この表は、バイオマスによる炭素の現存量や固定速度を示したものです。

この表から、熱帯や温帯の森林は、1haあたり200トン以上の炭素を固定しています。

1平方キロは100haなので、6000平方キロのブラジルの森林が失われているとすると、6000×100×200=6千万トンの炭素が大気中に放出されていることになります。
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード