天皇祭司を司っていた伯家浸透の本

地球コアにまで響き渡るコトダマ 天皇祭祀を司っていた伯家神道

コトダマについて読んでいてコトダマについて面白く伯家神道について興味を持ちました。

以下に私が参考になったカスタマーレビューの引用と伯家神道の関連本を紹介します。

天皇祭祀を司ってきた11世紀に起源を持つ白川家の伯家神道の継承者である七沢賢治氏の世界観・宇宙観・人生観・その歩みが多様な角度から史実や科学的事実等を散りばめて描かれています。本書内容の理解には真理・真実を見極める直感力も必要とされ、難解な部分も多々ありましたが、非常に興味深く、神妙な心持で拝読しました。

七沢賢治氏は「人間は創造主の仮の宿りであり、少なからず将来に創世記が訪れる中で、人は一番自分が信じる所を誠を持って行うしかない」と我々に説きます。難しくとも自身そうあらねばと強く思いました。

以下に本書で紹介されたキーワードの一部を抜粋します。

・日本語は古代ポリネシア語、レプチャ語とともに一万年を生き抜いた数少ない言語
・50音そのものが古事記の神を表し、生命の知性の原理原則である自己表現
・神は言葉であり、音は宇宙
・伯家神道の歴史とその奥義
・歴代の天皇の使命
・拝金主義足るユダヤ教とフリーメーソン
・大本教に現われた龍宮乙姫の(ユダヤ対応の)意義
・神道と他宗教(キリスト教)の相似箇所
・最新の宇宙物理学
・最新の波動科学(開発商品の成果)
・13000年周期説

また、関係の本もあわせて紹介します。

言霊はこうして実現する 伯家神道の秘儀継承者・七沢賢治が明かす神話と最先端科学の世界

言霊・神道・量子論を同時に扱った本は、恐らくこれがはじめてだろう。古神道から天皇祭祀が形骸化されるまでの背景が記載されていることで、日本人が言霊をどう扱ってきたかがわかる気がする。本書にある「構文の5階層」を実際に試してみたが、自分が幾重にも客観視できてなかなか面白い。結局、言葉の的確さはそこから生まれるものだと実感される。自分の言葉一つで相手も変わるが、最も影響を受けるのは自分だと思う。しかし、実際にはそれが宇宙全体に影響すると書かれている。祭祀や神事はそれを利用したものだというのだ。確かにそうだろう。オカルトめいた話ではなく、古くからある神話と量子レベルの科学を基点に論じているため、怪しげな路線に走らず、一部驚きながらも確信を持って読めた感がある。




スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード