スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオマスによる大気中のCO2の地表への固定

地球上の炭素量(シンク)と炭素の循環を図に示します。

図から、大気中には750Gt-CのCO2が地中には4000Gt-Cの化石燃料が、地表には土壌有機物が1500Gt-C,植物体として約610GT-Cの炭素が存在しています。

大気への二酸化炭素の年間排出量と、地表への年間固定量を表にしました。収支として3.3Gt-Cが大気中に蓄積されており、年間のCO2増加量としては1.7ppmになります。

この増加量を止めるには、大気への蓄積をゼロ、あるいは、マイナスにすればよいわけです。

私は、森林としての固定に注目しています。現実に、地表のバイオマスのほとんどが温帯林やツンドラの森林や森林土壌にあります。仮に、ツンドラや温帯林の面積を増加させることで、CO2の増加を止めるには、3.3Gt-C/年÷
222t-C/ha=1500万ha=15万km2になります。

地球の炭素量と炭素循環図

CO2増加量
バイオマスの密度、生産速度
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。