スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本軍人列伝

本の紹介には以下のようです。中身はちょっと左翼っぽいです。

憲法9条の改正議論が高まっている。戦争とは何なのか。日本人はそれをもう一度、真摯に考えてみる時期にきている。この本には、自虐史観も戦争賛美もない。あるのはただ、軍人として戦った男たちがそこに立っていたという事実だけである。軍人たちを、そして彼らの背景にあった諸相を眺めることで、戦争とは何か、平和とは何かが見えてくるはずだ。

しかし、以下のようなカスタマーレビューにありますように、写真が豊富でコンパクトにまとめられており、興味深く読むことができました。

明治以降の近代日本の軍人たちのこと、これだけコンパクトにまとめた本は珍しいと

思う。冒頭から、昭和天皇が出てきて、タブーのなさがわかる。

乃木希典、東郷平八郎、秋山兄弟、山本五十六、山本権兵衛、児玉源太郎はもちろんのこと、

昭和のA級戦犯も数多く載せられている。それぞれ一人当たり3から5ページに記述が

収まっているので、飽きないで読める。意欲作である。




スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。