スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球は温暖化しているか?

有名な武田先生の本に掲載された図では、1880年の14.6℃から100年後の1980年では15.2℃まで、100年間で0.6℃平均気温が上昇しています。武田先生は、この図に書かれたもう一本の太陽風のグラフとあわせてみると相関がありそうである。初期のころは、平均気温の上昇は温暖化ガスによるものと太陽光によるものの両説があったとしています。

平均気温の上昇小

一方、大気中のCO2濃度の経時変化については、電中研の佐藤氏が監修された本に掲載されている図では以下のようになっています。武田先生の本には、このグラフは掲載されていませんが上のグラフの平均気温は1940年からの30年間は気温が低下しているがその間も二酸化炭素の上昇はペースが変わらず増加しているので、温暖化と二酸化炭素をダイレクトに結びつけて考えるのは無理があるが新聞やテレビでは二酸化炭素が温暖化を引き起こすような報道をしており、日本の報道は偏った報道をしているとされています。

大気中二酸化炭素濃度小

私は、平均気温のグラフと二酸化炭素のグラフを比較すると必ずしも正の相関が得られるわけではなさそうだと思います。機会があれば両者のグラフを読み取って作成してみたいと思います。

また、地球は実は氷河期へ向かっているという説もあります。これについては、以下のグラフをご紹介します。
何億年ものサイクルで見ると地球は冷えていく方向にありそうです。
地球の気温

スポンサーサイト

テーマ : 環境問題
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「1940年からの30年間は気温が低下している」
原因は核実験や大気汚染であると言われていますから、CO2濃度との相関関係を否定するものではないと思いますよ。
あなたが読んでいるという、気象に関する書籍がまともなものならエアロゾルと気温の関係についても解説があるはずでご存知だと思いますが、エアロゾルによって気温が下がることは十分に考えられます。
IPCCの第四次報告書にはエアロゾルの冷却効果よりもCO2の温室効果の方が勝り、温暖化の方向に向かうデータが示されているようです。
大気汚染に対する規制は各国で進んだが、CO2の排出規制が進まなかったために近年では温暖化が加速する傾向にあることを考えれば、グラフだけを見て相関がないと述べることができないことは分かるはずです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%A8%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%94%BF%E7%AD%96
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E6%B3%95
アメリカで自動車に対するNOxやSOxなどの排出規制が行われたのが1970年代です。
日本も追従して排ガス規制をしていますが、その結果大気汚染は改善し、CO2の効果が高まったことから、エアロゾルの冷却効果が抑えられ、気温が上昇傾向になったと考えることもでき、
あなたがグラフとの相関があると考えられないと、某所で書き込んでいるのは問題では?

こちらも参考になると思います。
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/14/14-1/qa_14-1-j.html

No title

最初のグラフ。1980年以降全く関連がなくなっているのだけれど・・・・。温暖化は19080年以降強まっていることはアナタも知っているよね。太陽風は現在弱まっている。
太陽風や太陽放射で温暖化を説明できるというのは、素人か詐欺師でしかない。
プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。