スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが祖国中国の悲惨な現実

中国を外から見ると傲慢な国で、中国民も、日本の商店を襲ったりしてとんでもない人たちというのが大方の日本人の印象だと思います。

題名からわかるように著者は中国出身で現在日本に帰化しています。
著者は1987年に日本に来て、蒋介石と国民党に対する評価が、中国で学んだことと正反対なのに気づき、深く調べれば調べるほど、中国政府の教えていたことが真っ赤な嘘であることに気づいたのである。

さらに、国を離れてから1990年代以降の急速な経済発展に対して、拝金主義による腐敗がはびこり、輝かしい発展とともに、大きな闇ができ、現在の中国人は、「誰が自分に中国に生まれよと言ったのか」といわれるほどの不条理に悩んでいる。

・中国の高級幹部の半分以上は賄賂や横領により私腹を肥やしており、それがばれると海外逃亡をはかっている。海外に不正に持ち出された金額は、海外企業の中国への投資額と同等程度(数兆円)になったときもある。
・都市部や海外企業を誘致するために土地開発を行うと膨大な利益を得ることができ、地方の幹部は住民を不正な方法で立ち退かせ、武装警察による暴力を使ったり、立ち退き料をピンはねして半分以下しか住民に渡したりしない。
・司法権の独立は無いため、裁判所に訴えても勝ち目は無く、中央政府への窓口もあるが、その入り口に続く一本道に地方の役員が派遣した地方の私服警官が見張っていて、地方から訴訟にきた人を拘束し地元の監獄に投獄することも珍しくない。
・そのため、役人に不正を行われた住人は自殺するか、役人を巻き添えに爆死するかする事件が多発している。
・昔の日本と同じで教育が出世の近道と考えられているが、教育にも金儲け主義がはびこり、学校で使用する体操服、楽器、文房具など全て指定で、学校に業者からキックバックが入るようになっている。
・学費が高いので、企業を解雇され学費を払えないことを恥じた親や、親に多大な学費を負担してもらっている子供が自殺することも珍しくない。
・医薬も儲け第一主義で、救急患者でもお金が無いと診療を受けさせてもらえず、入院患者でも支払いが滞ると病院を追い出され、医薬品の認可は賄賂で決まり、製造プロセスも安価な工業悪品を使い、その薬を服用した患者に死者が出ることもある。
・環境は汚染され、公害病と見られるがん患者が増えている

著者は、上記のような悲惨な真実に中国が早く気づいて、立ち直り、他国の人から、なぜ自分は中国に生まれることができなかったのか、といわれるようになってほしいとの考えからこの本を著したとのことである。






スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。