スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボルバー・リリー

ワクワクする冒険小説をご紹介いたします。

小曽根百合――実業家・水野寛蔵の下、幣原機関で訓練を受け、十六歳で実地任務に投入。東アジアを中心に三年間で五十七人の殺害に関与し、各国大使館から「最も排除すべき日本人」と呼ばれた美しき諜報員。二十歳を迎えた彼女は、突然、活動を止め、消息を絶った。

純粋で一途、ゆえに冷徹非情。硝煙をまとい、絶望と踊る女――二つ名は「リボルバー・リリー」。

関東大震災の混乱の中の東京。

13歳の少年・細見慎太は家族全員を虐殺される。

父親が日本陸軍の資金の秘密を握っていたためだ。

父親は資金の鍵を握る暗号を少年・細見慎太に託す。

慎太は、元特務機関員の老人に助けられるが、陸軍の特殊部隊員との闘いで命を落とす。

その直前、慎太をリボルター・リリーに託す。

帝国陸軍1000人とたった二人の戦いの幕が開く。

二人を追うのは帝国陸軍の精鋭たち。

リリーは、ありとあらゆる破壊と殺戮のテクニックを駆使して逃げ続ける。

関東大震災後の東京を生き抜く先に、終息の地はあるのか!?

ノンストップ・アクション巨編です。


死語辞典、死語大全

死語に関する本を以下にご紹介します。

一時期大ブームになった流行語も全く使われなくなってしまいます。

50歳を超えると懐かしく思います。




アメリカの戦争責任

原爆投下の戦争責任について以下のような観点から丁寧に検証しています。

戦争中に日本の暗号がアメリカに解読されていたのは周知の事実ですが、それに加えてCIAの前身の情報局などから、政府首脳部の動きを察知しており、日本が終戦に向けて活動中であることを正確に把握していました。

また、それらの情報を基に、アメリカの政府高官が何人も、天皇制の存続を認めることで終戦を認めることをトルーマン大統領に進言していました。

しかし、トルーマン大統領は原爆投下を目的にして、ポツダム会談を行い、ポツダム宣言の前日に原爆投下命令を出し、ポツダム宣言には日本が簡単に受諾できないようにわざと天皇制存続に関して記載せずに、原爆を投下しました。

広島の原爆の惨状についても、アリゾナの実験や、広島の原爆の報告から十分把握していたにもかかわらず、日本に降伏勧告することなしに、3日後に長崎に原爆を落としました。

しかし、結局は、原爆2発でも日本は降伏せずに本土決戦を戦うつもりでしたが、ソ連が中立を守るという条件だったので、ソ連参戦により、天皇が自分はどうなっても良いということで戦争終結を決定しました。



大和館長の本

大和艦長ではなく、広島県の呉にある大和ミューゼアム館長の戸高一成さんの本を紹介します。

大和ミューゼアムは、呉にあった海軍工廠(工場、造船所)で建造された大和だけでなく、旧海軍関係の資料を豊富に収集しており、その資料を用いて多数の著書を戸高艦長は出版されています。

旧海軍資料は、軍の機密ということで厳しい管理をされていたので、ほとんど残っていないため、大和ミューゼアムしかないという貴重な資料を紹介していただけます。











嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

巷で話題のアドラー心理学の走りの本を紹介します。

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。
「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、 対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、現代の日本にこそ必要な思想だと思われます。

本書では平易かつドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、 哲学者と青年の対話篇形式によってその思想を解き明かしていきます。
著者は日本におけるアドラー心理学の第一人者(日本アドラー心理学会顧問)で、アドラーの著作も多数翻訳している岸見一郎氏と、 臨場感あふれるインタビュー原稿を得意とするライターの古賀史健氏。 対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る、「まったくあたらしい古典」です。





プロフィール

ムーミン815

Author:ムーミン815
ようこそ、ムーミンブログヘ

1960年代生まれメタボ系です。ダイエットや精神健康のために腰振り体操、整体体操、気功をやってます。ブログでは、興味のある漫画や本をとりあげています。最近は環境問題に関しても書いています。図表の採用で問題がありましたらコメントください。削除いたします。

写真は20年以上前にボーイスカウトのリーダをやっていたときのものです。今より20kg以上痩せてました。

ヤフーの知恵袋で地球温暖化のカテゴリーマスターをしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。